• 多様な弁護士

    当事務所には、男性4名、女性1名,客員の弁護士が所属しており、それぞれの得意分野を生かして協力しながらひとつひとつの事件に対応します。

  • 明確な料金体系

    事件を受任するにあたっては、最終的にいくら掛かるのかを明確にしてから契約を締結しますので、料金面での不安がありません。

  • アクセスの良さ

    西新井駅から徒歩5分、付近に駐車場もあるためアクセスが良く、足立区のみならず、隣接区からのご相談も多数お受けしております。

  • 豊富な取扱分野

    企業法務のほか、相続や遺言などの家庭問題から、生命保険や火災保険の不払い問題、刑事事件まで幅広い分野の事件を取り扱っております。

足立区の西新井綜合法律事務所へようこそ

西新井綜合法律事務所は、男性4名,女性1名,客員の弁護士が所属しており、関連士業とも連携しつつ、ワンストップサービスであらゆる事件に迅速に対応します。

所属弁護士

当事務所に所属している弁護士を紹介します。

元木崇司 元大手保険会社勤務の経験を生かして、生命保険、火災保険、がん保険等の保険契約に関する不払い案件を扱っております。

資格

弁護士
宅地建物取引士
競売不動産取引主任者
総務省政治資金監査人

所属

東京弁護士会所属
日本弁護士連合会代議員(2009年度)
東京弁護士会常議員(2009年度)
医療法人社団弘人会中田病院監事
情報公開審査委員・行政不服審査委員(市区町村の嘱託)
足立法曹会会員

経歴

東京大学法学部
大手保険会社勤務
東洋大学法務研究科
山王山田法律事務所
西新井綜合法律事務所

取扱業務

企業再生、火災保険、がん保険、生命保険、企業犯罪、国税犯則事件、遺産分割、事業承継等

著書

中里妃沙子監修『民法がこんなに変わる!』(自由国民社、2017年9月2日)
倉篠はるか・元木崇司『病名は上皮内癌でも上皮内癌ではない』(ファーストプレス、2017年4月5日)
東京弁護士会二一会研究部 『図解でわかる民法大改正』(自由国民社、2012年2月9日)

TV出演

NHK「あさイチ」<女のカネ もしも夫が亡くなったとき>コーナーにてVTR出演し生命保険における告知義務違反に関するコメント(2013年5月)

早乙女宜宏 日本大学ロースクールで刑事法を教えている関係で、刑事事件を多く扱っています。また、アプリ開発経験を生かしてソフトウェア関係のご相談にも対応します。

資格

弁護士
海事補佐人
日本大学大学院法務研究科助教

所属

第二東京弁護士会所属
足立法曹会会員

経歴・役職

早稲田大学法学部卒業
日本大学法科大学院法務研究科卒業、司法試験合格
司法修習(さいたま地裁)
小川総合法律事務所-Yoshida & Partners-
西新井綜合法律事務所(2009.11.2-現在)
日本大学法学部司法科研究室 講師(2008.4.1-2011.3.31)
日弁連コンピューター委員会委員(2010年)
国際医療福祉大学 非常勤講師(2013.11.1-2017.3.31)
警察大学校 非常勤講師(2014-現在)
日本大学大学院法務研究科 助教(2012.4.1-現在)
足立区高齢者福祉センター苦情等解決委員会副委員長(2016~現在)
獨協大学外国語学部非常勤講師(2018.9.24~2019.1.31)
第二東京弁護士会弁護士業務センター委員会副委員長(2019.4~)

取扱業務

会社法務全般、IT関連紛争、刑事事件(裁判員裁判含む)、特許法、著作権法、商標法、相続問題全般、建築訴訟、債務整理(任意整理・個人破産・法人破産・民事再生等)、離婚等家事事件、海事事件、船舶保険、その他訴訟案件

著書

第二東京弁護士会弁護士業務センター編著「Q&Aでわかる法律事務職員実践ガイド〔改訂版〕」 (第一法規、2018年2月)第1部Q1~Q8、 2頁~17頁。
沼野輝彦、設楽裕文編『Next教科書シリーズ刑法各論』( 弘文堂  2017年4月15日)第4章 57頁-65頁。
金井重彦、鈴木將文、松嶋隆弘編著「商標法コンメンタール」 (レクシスネクシス・ジャパン株式会社 、2015年12月)19条・20条・21条・35条、 347頁~368頁、518頁~528頁。
棚橋祐治監修、伊奈波朋子、石井美緒、松嶋隆弘編著「コンテンツビジネスと著作権法の実務」 (三協法規出版  2015年4月10日)第1部第1章3・4・第7章8  40頁-45頁、226頁-238頁。
「Q&Aインターネットの法務と税務」(新日本法規出版 2014年12月)第6章 全5頁。
板倉宏監修、沼野輝彦=設楽裕文編「現代の判例と刑法理論の展開」(八千代出版、2014年6月25日) 1頁~16頁。
日本弁護士連合会弁護士業務改革委員会編著「法律家のためのスマートフォン活用術」(第一法規、2013年11月)第3章1項2項、12項、20項、 32頁~35頁、38頁~41頁、52頁~59頁、84頁~89頁、122頁~125頁。
棚橋祐治監修、宍戸 充、金井 重彦、松嶋 隆弘、菅原 貴与志、中川淨宗編著「不正競争防止の法実務〔改訂版〕」(三協法規出版、2013年8月)第2編第3章2(5)、 153頁~167頁。
棚橋祐治監修、明石一秀、小川宗一、高松薫、松嶋隆弘編著「ブランド管理の法実務 商標法を中心とするブランド・ビジネスと法規制」(三協法規出版、2013年7月)第3編第5章第2節 、381頁~391頁。
斉藤誠二、船山泰範編「演習ノート刑法総論〔第5版〕」(法学書院、2013年4月)III25項~III27項、50頁-55頁。

執筆

六法はフリックする時代に。」 法苑 183号(新日本法規出版 2018年1月)1頁~3頁。
法律学習IT術」弘文堂スクエア全6回(弘文堂 2017年9月10月11月2018年2月5月9月)。
「自宅でできる弁護士業務」二弁フロンティア2016年10月号(第二東京弁護士会、2016年10月)28頁-30頁。
民事事件と弁護士「和解のエッセンス」とうきょう 秋号No599(東京土地家屋調査士会、2014年10月) 20頁~21頁。
民事事件と弁護士「民事事件のはじまり」とうきょう 夏号No598(東京土地家屋調査士会、2014年8月)16頁~17頁。
「融資契約の基礎知識2 契約の効力」JA金融法務 No514(経済法令研究会、2013年12月)22頁~25頁。
「融資契約の基礎知識1 契約の成立」JA金融法務 No513(経済法令研究会、2013年11月)15頁~18頁。
日経ウェブ版ネットなりすまし事件顕名コメント(2012年11月)
「LOIの保証内容とその義務」OceanView59号(株式会社損害保険ジャパン、2009年2月)
「判例評釈“THE ACHILLEAS”事件」OceanView54号(株式会社損害保険ジャパン、2008年9月)

論文・評釈

「リモートアクセスによる差押えに伴う問題点の一考察」法務研究16号(日本大学法科大学院、2019年1月)61頁~74頁。
「公判前整理手続を経たことによる失権的な効力に関する一考察」法務研究 15号(日本大学法科大学院 、2018年1月)139頁~154頁。
「民法969条の2第1項における「口がきけない者」の意義に関する一考察」法務研究14号(日本大学法科大学院、2017年1月)101頁~114頁。
「被疑者段階における弁護人の活動ー勾留における罪証隠滅の客観的可能性を中心として」 法政論叢52巻2号(日本法政学会、2016年6月)61頁~79頁。
「震災映像資料の利用と著作権法」 日本大学法学部新聞学研究所『ジャーナリズム&メディア」 第8号 日本大学法学部新聞学研究所 2015年3月 単著 147頁~155頁
「児童買春、児童ポルノに係わる行為等の処罰及び自動の保護等に関する法律違反被告事件、最決平成24年7月9日裁判集刑308号53頁」法務研究12号(日本大学法科大学院、2015年3月)143頁~162頁。

講演等

2019年2月20日:警視庁刑事局捜査第二課「弁護士から見た警察の知能犯捜査」
2019年2月15日:足立区介護職員研修「介護保険サービスのリスクマネジメントについて」
2018年12月5日:東京都行政書士会世田谷支部研修講師「争いにさせない!遺産分割協議書」。
2018年12月4日:警視庁取調べ技能専科講師「弁護士から見た警察捜査」
2018年9月:第二東京弁護士会倫理研修セキュリティ研修講師
2018年7月5日:第二東京弁護士会倫理研修セキュリティ研修講師。
2017年5月:大阪府警捜査一課「刑事弁護人から見た警察活動」。
2016年7月:第二東京弁護士会倫理研修セキュリティ研修講師。
2016年7月:東京都行政書士会世田谷支部研修講師「相続における基本事項の確認と遺言執行のための遺言のポイント(事例を踏まえて)」。
2015年7月:東京都行政書士会世田谷支部研修講師「告訴状と示談書の作成」。
2011年4月:日弁連コンピュータ委員会 判例等のXMLデータベース化に関する研究発表。
2009年1月:第二東京弁護士会弁護士業務センター 弁護士業務のIT化に関する講演。

開発ソフト

Androidアプリ

判例付六法 And六法
択一勉強 択ロイド
弁護士費用印紙代計算 Lawyer’s Calc(配信停止中)

iOS対応アプリ

And六法 for iOS

ウェブアプリ

eGov法令検索対応六法 eGov六法
弁護士事件管理ソフトSyS(非公開)

西澤豊陽子 司法書士経験を生かしてマンション法に関する問題や離婚などの家事事件を中心に扱っています。

資格

弁護士
司法書士(未登録)

所属

東京弁護士会所属
草加市公平委員(2010年11月~2018年11月)
足立区障がい福祉センター苦情解決第三者委員(2015年~現在)
2018年 足立区介護保険業務委託評価委員長
2018年 足立区介護保険業務委託プロポーザル選定委員
足立法曹会会員

経歴

中央大学法学部政治学科卒業
司法書士星野合同事務所
獨協大学法科大学院法務研究科卒業
司法試験合格
司法修習(東京地裁)
獨協地域と子ども法律事務所
西新井綜合法律事務所

その他

2019年2月6日 草加市より表彰を受ける。

取扱業務

離婚事件、養子縁組、離縁事件など家事事件一般、相続問題全般、交通事故、債務整理(任意整理・個人破産・法人破産・民事再生等)、刑事事件(裁判員裁判含む)、その他一般民事事件